top of page

​アジア間美術史プロジェクト

メンバー:

池田篤史(インド芸術文化推進機構 代表理事)
二村淳子(関西学院大学 教授)
門井由香(ウィーン大学 准教授)
山本浩貴(実践女子大学 准教授)
山本緑(東大阪大学 准教授)
五十嵐潤美(岡山大学 専任講師)
江上賢一郎(東京藝術大学 特任助教)
佐々木玄太郎(福岡アジア美術館 学芸員)
藪本雄登(秋田公立美術大学 博士課程)

本共同研究では、従来は西洋美術の対概念として想定されていたアジア美術を幾つかの地域で生み 出された美術の複合体として再定義し、アジアの各地域に固有の生態環境・政治経済・社会文化に根 差す、複数径路を通した発展の歴史を明らかにします。そのため、近年のグローバルアートヒストリ ーの手法を取り入れつつ、アジア美術史研究における独自の方法論を検証し、「アジア間美術史」と 名付けた新たなパラダイムを明らかにします。

アジア地図.png
bottom of page